うどん屋の店舗デザインで大切にしたこと

テーブルの配置と色彩の工夫

レジ横のこだわりポイント / 商品の情報がわかりやすいメニュー / テーブルの配置と色彩の工夫

なお、食事をするテーブルについてはベビーカーを押した子供ずれのお客様が来やすいようベビーカーを置ける場所を広くとった専用のテーブルを準備し、逆にランチタイムなどサラリーマンがさらりと食べていけるようにカウンターの席で回転重視の席を用意しました。
カウンター席には回転重視で、商品を受け取ったらすぐに席に着き、箸やつまようじ、おしぼりなどは自分で取って、お盆の返却口も近くに設置したのも大きなポイントと言えるでしょう。
内装は出来るだけシンプルに白に統一することを心がけました。
実は色彩心理上色味がないこの白という色はほかの色を引き立てる役割を持っています。
また、赤やオレンジ、青などの色のように鮮やかさがない分、他の色を引き立ててくれる要素も持っていますので、うどんやてんぷらなどの色を引き立ててより食欲をそそるようにしたいと考えたからです。
白は自己主張しませんし、今後どんなメニューを提供し始めてもなじみやすい雰囲気にするためにもこの色を選びました。
店舗デザインはとても楽しいものです。
自分でお店を出したいと考えている人の参考になれば幸いです。